シェアハウスの初期費用とデポジットとは

気になるシェアハウスの初期費用について

若い方で一人暮らしを始めたいと思っている人の中には、費用が安く済むシェアハウスを検討している人もいるでしょう。シェアハウスは同じ住居内の人たちと調理場や浴室などを共有するため、厳密には一人暮らしとは言えないかもしれません。しかし一人よりも仲間と楽しく暮らす生活を求める人も少なくなく、人気が出ています。また家賃も初期費用も安く済むため、費用負担が少ない点でも人気があります。
シェアハウスの家賃相場は、概ね一般の賃貸物件より安くなっていますが、初期費用はどれくらいなのでしょうか。多くのシェアハウスの場合、敷金や礼金、仲介手数料が掛からないシステムになっています。物件によってはその限りではありませんが、それらが掛からないシェアハウスを選べば初期費用がかなり抑えられます。では全く初期費用が必要でないかと言えばそうではなく、多くのケースで保証金が必要となります。
しかし数万円程度なので大きな負担にはならず、また物件によっては保証金が無いところもあるようです。そしてキッチンや浴室などを共有で使うため、それらに関わる家財の準備も必要ありません。引越の費用も抑えられるので、それらを含めてもシェアハウスの初期費用は安く済むと言えるでしょう。

シェアハウスに住む時に掛かるデポジットとは?

シェアハウスに引っ越す場合、初期費用にデポジットとして約5万円支払う形になります。なぜなら、デポジットはシェアハウスを退去する時に返ってくるお金となるので、家賃代として預けるところが多く存在するからです。そのため、シェアハウスの中にはデポジットが返ってこないところもあるので、入居する前にデポジットが返ってくるかを確認するのが重要になります。デポジットが返却されると分かれば、初期費用分が返ってくるのと同じ仕組みとなるので、初期費用を用意しやすくなります。
ちなみに、契約時に初期費用を支払った後は、月々に家賃代となる5万円と管理費として約2万円を支払うことになります。シェアハウスにおいて管理費は、水道代と光熱費を含む費用となりますが、基本的に支払う金額が固定であることが多いです。とはいえ、物件によっては水道や光熱費を使いすぎると管理費が加算されることになるので、管理費が加算されないシェアハウスに住むのがお勧めです。
また、シェアハウスに住む際は共有の布団を使うことになるので、自分用の布団を買う場合は初期費用とは別に布団代が必要になります。他にも、自分で新たに家具を揃える時にも費用が掛かるので、費用を初期費用分のみに抑えるならば家具を買い足さないのが手段になります。シェアハウスに住む際に掛かる初期費用は、デポジットとして5万円必要になりますが、管理費である約2万円を支払う必要はありません。

インフォメーション

  • シェアハウスの初期費用とデポジットとは

    気になるシェアハウスの初期費用について 若い方で一人暮らしを始…

    » 続きはコチラ

  • ワンルームより初期費用が安いシェアハウス

    お得なシェアハウスの初期費用の内容は? シェアハウスは初期費用…

    » 続きはコチラ

  • シェアハウスの初期費用を抑えるコツ

    シェアハウスの初期費用の内容 シェアハウスは家賃が安く済むこと…

    » 続きはコチラ

  • 一人暮らしの初期費用を抑えたいならシェアハウス

    初期費用を安く抑えたいならシェアハウスでの生活も視野に入れてみて…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 賃貸との比較でわかるシェアハウスの安価な初期費用 All Rights Reserved.