シェアハウスの初期費用を抑えるコツ

シェアハウスの初期費用の内容

シェアハウスは家賃が安く済むことが最大のメリットとなっており、若い世代が多く利用しています。通常家を借りる時と同じように敷金や礼金を支払わなければならないシェアハウスも稀にありますが、ほとんどのシェアハウスではそうした費用は発生しません。同じく仲介手数料も発生しないのでこの時点でシェアハウスは相当お得と言えるでしょう。ただし保証金だけは支払う必要があります。これは主に退去した後の部屋のクリーニング代に当てられることが多いです。場合によっては退去する際に戻ってくることもありますが、管理会社によって様々です。
合わせて事務手数料が発生する可能性もあります。シェアハウスでは基本的に保証会社をつける必要がなかったり、鍵交換をしない場合が多いのですがこれも管理会社によってまちまちです。火災保険に加入することが義務付けられているシェアハウスは少ないので必要性を感じた際には任意で加入することをオススメします。このように最低限の初期費用しか発生しないシェアハウスであれば大体2~3万円で済むことになります。安さが魅力的なシェアハウスですがセキュリティなどの安全面も考慮した上で初期費用が見合っているのか検討していきたいものです。

シェアハウスに必要な前払いって?

シェアハウスの初期費用は、3万円から10万円になります。なぜなら、引っ越す前の環境によって初期費用が大きく変わる上に、住むシェアハウスによって初期費用が異なるからです。シェアハウスに住む際は、契約時に家賃と共益費の1ヶ月分を前払いすることになります。とはいえ、シェアハウスにおいて前払いに必要となる金額は5万円近くとなるので、家賃と共益費の前払いをしょと考える人が多いです。ちなみに、シェアハウスに住み移る場合実家からシェアハウスに引っ越す際は、初期費用だけでなく必要となる家具を買い揃える必要があります。
けれども、シェアハウスでは生活に必要な家具は共有スペースに置かれているので、新たに家具を買い揃える手間を省けることが多いです。足りない家具を引っ越す際に持っていく際は、送料が掛かることになりますが新しく家具を買う必要がなくなります。なので、家具に必要な費用を浮かせるならば、家具を持っていくのがポイントになります。ただし、シェアハウスによっては持っていけれない家具があるので、処分するために別として費用が掛かります。シェアハウスの初期費用を極力抑えるならば、実家から家具を持っていったり、1人暮らしであっても家具を持っていくのがコツになります。

インフォメーション

  • シェアハウスの初期費用とデポジットとは

    気になるシェアハウスの初期費用について 若い方で一人暮らしを始…

    » 続きはコチラ

  • ワンルームより初期費用が安いシェアハウス

    お得なシェアハウスの初期費用の内容は? シェアハウスは初期費用…

    » 続きはコチラ

  • シェアハウスの初期費用を抑えるコツ

    シェアハウスの初期費用の内容 シェアハウスは家賃が安く済むこと…

    » 続きはコチラ

  • 一人暮らしの初期費用を抑えたいならシェアハウス

    初期費用を安く抑えたいならシェアハウスでの生活も視野に入れてみて…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 賃貸との比較でわかるシェアハウスの安価な初期費用 All Rights Reserved.